データ創出型契約のチェックリスト

「データ契約ガイドライン ver1.1」に記載されているデータ創出型契約のチェックリストは以下のとおりです(65頁)。

⑴ データ等の定義
□対象データの定義
□加工態様の定義および派生データの定義

⑵ データの利用権限の配分
□具体的な利用権限の内容
□契約書で利用権限が個別に定められていない対象データの利用権限の定め方

⑶ データの加工態様の定めおよび派生データの利用権限の配分
□対象データの加工態様の定め
□派生データの利用権限の配分

⑷ データに関する保証/非保証
□相手方が、本データ創出型契約に基づき利用権限を有するデータ(相手方データ)に関する第三者の権利の非侵害の保証/非保証
□相手方データの正確性・完全性についての保証/非保証
□相手方データの安全性(相手方データがウイルスに感染していないか等)についての保証/非保証
□相手方データの有効性、本目的への適合性についての保証/非保証
□相手方データに関する第三者の知的財産権の非侵害の保証/非保証
□対象データの創出、取得および提供等について、個人情報保護法に定める手続きが履践されていることについての保証/非保証

⑸ 収益とコストの分配
□利用権限の配分に対する対価
□収益の分配方法
□コストの分配方法

⑹ 第三者の権利により利用が制限される場合の処理
□相手方の利用に制限があり得ることが判明した場合の協力

⑺ データの管理
□相手方データと他の情報との区分管理
□相手方データの管理に関する善管注意義務
□相手方データの管理状況についての報告要求、是正要求

⑻ 秘密保持義務
□秘密情報の定義
□秘密保持義務の内容とその例外
□秘密保持義務が契約終了後も存続すること、およびその存続期間

⑼ 対象データの範囲の変更
□対象データを変更する際の変更手続

⑽ 有効期間
□契約の有効期間
□契約の自動更新

⑾ 不可抗力免責
□(一般的な不可抗力免責事由に加えて)停電、通信設備の事故、クラウ
ドサービス等の外部サービスの提供停止または緊急メンテナンスも不可抗力事由とするか否か

⑿ 解除
(一般的な解除条項で足りる)

⒀ 契約終了時のデータの取扱い
□契約終了後のデータの廃棄または消去を要するか否か
□廃棄または消去を要する場合、廃棄・消去証明書を提出することになっているか

⒁ 反社会的勢力の排除
(一般的な反社会的勢力排除条項で足りる121)

⒂ 残存条項

⒃ 権利義務の譲渡禁止
(一般的な権利義務の譲渡禁止条項で足りる)

⒄ 完全合意
(一般的な完全合意条項で足りる)

⒅ 準拠法
□準拠法としてどの国の法律を選択するか

⒆ 紛争解決
□合意管轄として、裁判・仲裁のいずれを選択するか
□裁判地・仲裁地としてどこを選択するか

タイトルとURLをコピーしました